スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

西洋美術館

上野びじゅつかん2









今 上野の西洋美術館でルーブル美術館展が開催されて 金曜日の午後 雨の中行ってきました。
金曜日は8時まで。
もうすぐ この展覧会も終わりということで 60分待ち。



上野びじゅつかん 







近くの阿修羅展よりは マシ?
(主人は ここ何年か 仏教にはまり もちろん これも見てます。
トイレには 有難い お言葉も張ってます。
今は 「不妄語 (嘘をついては ならない)」というお言葉)


さて 話しを戻し。
この展示は17世紀のヨーロッパ作品。
今回は、フェルメールの作品を楽しみにしていた。
が、相変わらず 凄い混雑で まして
この作品は 小さい作品なので あまりゆっくり鑑賞できないのが ちょっと不満でした。

しかし 絵のことを あまりよく知らない私でも 本物の絵は、写真と違って その質感、色彩などを体験できるのが、いいですね。


一通り見終わり もう一つ 楽しみにしていたのが モネの睡蓮。
企画展の半券を見せると 無料で その常設展に入場できます。
丁度 内装工事が終わり 前の日から 公開されていたので その塗料の匂いが多少気になりましたが、 ここは オススメです。

松方コレクションといって 川崎造船所社長であった故松方幸次郎がコレクションしてた作品が、見れます。
ここは 混雑もしていなくて ゆっくり鑑賞できます。
モネの作品は 後半にみることが できますが、ポプラ並木など 少し 遠く離れてみて そのよさがわかります。

また 前庭には ロダンの「地獄の門」「考える人」など その大きさに圧倒されます。
たまには こんな日も いいかも。






スポンサーサイト

13:16 | おでかけ | comments (0) | edit | page top↑
やったあ~ | top | 事故って恐い

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。