スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

横アリ 1日目

忘れそうになるので 初日からの感想などを。
3,7,8日は、仕事を1時まで行ってからの参戦でした。
しかし横浜は遠~い。



横浜 入り口
横アリ ぎょうれつ


3日は着いたの3時半過ぎ。
すでにグッズを買う人の列が凄い。
知り合いのMさんに パンフを頼む。
しかし 中々進まず、会場の時間近くになったので一人で並ぶ。

暇なので 隣に居た人とずっとおしゃべり。
その迷は、旭迷で迷歴は長いが 途中 私的なことでごたごたして 少しファンを離れていたとか。
今回は雑誌で スーコンのことを知ったそうです。
その話しの中で 彼女が3年前 ロスへ行ったとき ついでにヴァネのお母さんの美容院へ寄ってみた。
場所はコリアンタウンの中の高級な地区にあった。
1、2階のエステのお店で店内にはヴァネの写真も飾ってあった。
だが お母さんは不在だったそうです。
お店はブライダル関係、エステ、美容院など何店舗も経営しているそうです。

そうこうしてようやく 20分遅れで幕は開けられた。
中央ステージで360度 見渡せ花道が4方向に伸びている。 
残念なことにスタンド席の上は空席が目立ち 布が被せられていた。
それでも ペンライトが綺麗にまばたきスクリーンが上にあり なんだか香港のホンハムを思い出したよ。




横アリ ステージ


私の席はセンター Bブロック。
ステージより下にあるため 花道に来たときは近くで見れるのだが向こうのステージの様子もわからず
ステージの全体の様子も見えない。特に「goodbye my frend」のときは、ライトが眩しくて残念でした。
仕方なく大型スクリーンを見るか 花道のスーをみることに。
今回は、歌の順番も覚えず とにかく花道にきたら凝視することにする。

だが 仔があまり近くに来ない。
仔は南の正面が多いようだ。
それで 旭が ゲームや後半 意外とこちらに来てくれて。
可愛~い。キャラ変わった?綺麗だ~。
と 初日は旭に心を奪われてしまった。

いやいや 仔は、いいですよ。
まさか「アイラブユー」「WHEREVER YOU ARE]と歌ってくれるとは思わなかった。
アイラブユーは、入社式のときに歌ってくれて感動した。
仔の声の高さ、雰囲気が凄くあっていて 私は好き。
でも やはり日本語なので たどたどしかった。(まあ それがいいんだけどね・)

WHERE・・も ファンミで少し披露したが あまり歌えてなくてファンに一緒に歌おうと任せていたからね。
それが それが 今回 凄く流暢に日本語で歌ってくれた。
猛練習したんだね。
もう感動 感動で 泣けてきました。
2番の歌詞が違っていても 私は没問題。

歌い終わったら隣にいる 初めてあった迷に抱きついてしまったよ。
今回は、左に迷友のMさん。右隣に北海道から来た若い旭迷、ヴァネ迷さん。
横アリは、全体的にファン層が若目のような気がしました。
どういうきっかけで迷になったか 聞けばよかった。(って すっかりおばさんな私)

彼女達が親切で 通路側に近いので仔が きたときは、どうぞと席を譲ってくれたりしました。
コンサの途中、スーのサインが書いている丸い円盤の紙が こっちに飛んできたとき隣のMさんに足元に。
ヴァネのサインで 日付も書いてました。その北海道の彼女に渡しましたよ。
それが↓です。


ヴェネのサイン

コンサ一日目は、スー達も緊張している様子。
特に仔は 開始から異常な程 汗をかいていた。
4人のじゃれ合いも それほど見られなかった。

一日目だけの内容としては、↑の仔の歌詞の間違いの他は、
旭のときは、キラキラ星を片手でピアノを弾いていた。
WAVEは、仔一人で仕切っていた。
一公尺の後、バンドのメンバーが演奏。
なんとなく場が 静かになり 中だるみしていたが2日目からは、孝天がバンドを紹介していた。
これは 正解でした。
アンコールのとき 拍手をするのか 掛け声をかけていいのか 観客も とまどっていた様子。
いまいち 一体感に欠けていた。




いやあ でもコンサは、楽しかったなあ。
期待以上です。
スポンサーサイト

08:44 | F4 | comments (0) | edit | page top↑
横アリ2日目 | top | 武道館コンサ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。