スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ニノ太郎

先週から始まったTBS 「山田太郎ものがたり」
家族愛が、溢れて、ちょっとグッと来た。
配役が、原作に近いかな?
鳥居先生とか隆子のママとか。
パパも、少しみる限り、ヘアスタイルとか、原作に近いかな?


でも、太郎が・・う~ん。
「みんな いい人だね」「ありがとう」
という所が、う~ん 太郎はアイドルなんだよ。
貧乏でも、可愛いのに・・そこが、現れなければ、せめてキラキラCGにしたら、もう少し、太郎の雰囲気が出たかも・・

やはり、仔の太郎が一番。
それは、わかってる。
もう一度、今日は、DVD、見てみました。
やっぱり、いいなあ・・杉浦先輩との息もぴったりで面白い。


今回のTBSで、太郎が「チョコボールの筆箱」「繫ぎ合わせたえんぴつ」
など原作の14巻「太郎と託也の出会い」に出ています。

ぜひ原作を片手に見てみましょう。


また、同じ、森永あい先生の「あひるの王子さま」
ちびで不細工な少年が事故で、美少年に変身してしまうお話し。
この3巻目のあとがきにも、仔の太郎のことが記されています。

あんなにフリルのメイド服の似合う180センチの男子は、みたことがない。とにかくかわいい。
金城武とさとう珠緒を足して2で割った感じ。

イメージが一番違うのが杉浦先輩。
本当に大丈夫かと聞きたくなるくらい妄想はげしめ。

だそうです。



原作といえば「月刊Asuka9月号」7月24日発売
7年振りに、太郎が復活するそうですよ。



20070709233727.jpg

スポンサーサイト

23:29 | 山田太郎ものがたり | comments (2) | edit | page top↑
ラベンダー | top | F4を追って都内ロケ地

comments

#
ミズタマさん。

そう、キラキラが足りないのよ。
なぜなんだろうね。
新しく帯を変えて、コミックスが出ていますね。
いつでも楽しめるようにリビングに原作をおいてます。
淳仔さん | 2007/07/12 01:03 | URL [編集] | page top↑
# やはり.....
キラキラがたりませんね!
太郎は仔じゃないと!!v-10
日本でドラマ化されて、コミックスが手に入りやすくなったのは嬉しいですv-238
ミズタマさん | 2007/07/11 22:06 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。