スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジェリー報告会

私は、このイベントに行くことができなかったので、
ジェリー迷からのレポをお伝えします。
長いですが、熱い気持ち、詳細に紹介されています。
ジェリーって本当に子供思いだよね。

疲れているのにMさん、ありがとう。


行ってきました、小雨降る中淀橋教会へ。
ここは、あの有名なカラオケ店「MIC103」と目と鼻の先。

入り口には、まずジェリーがモンゴルの子供たちと写っている
パネルが5枚展示してあります。

パオの前で男の子を肩車する姿や、
赤いドレスの女の子の後ろに優しく寄り添う姿、
らくだに乗って子供を抱き上げ(なぜか「オシッコをさせるポーズ」なのが気になります・・)こちらに向ける満面の笑み、等など。
ジェリーと子供達が互いに打ち解け、楽しんでる様子が伝わってきます。

さて、会場は石造りの天井が素敵な礼拝堂。
所狭しと椅子が並べられ、1公演につき千人が入れます。
そして1番前の席から3メートルもないところに、低めの小さな壇が。
おおっ!前の人は、それはもう間近にジェリーを見ることが出来ます~(≧≦)
 
16時を少し過ぎ、いよいよ開演!
まずアフリカの力強い音楽にあわせ、前方左右にあるスクリーンに、
ワールドビジョン(以下W.V.)の紹介映像が流れます。
司会者の方から本日の趣旨説明があり、事務局長である片山さん(男性)が紹介された後、ついにジェリーの登場!!

舞台袖と思いきや、なんと!後ろの扉から真ん中の通路を通っての登場です。
W.V.のオレンジのTシャツに、ところどころ穴の開いたジーンズ。
午前の部では黒いデザインの入った白シャツだったそうなので、お色直し(笑)したんですね。(それとも、お昼食べてて汚した?なんて)
ラフな感じがとっても似合ってます。
でも、押し寄せた迷が通路を塞いでしまって、なかなか進めない。
禁止されてるはずの写真を撮る人も・・o(;△;)o

この事があって、「こんなに多くの人が集まってくれてどうですか?」という質問に少し複雑な様子で「・・・・・・・シアワセネ」
と答えたジェリー。きっともっと言いたい事はあったはずです。

片山さんとトークタイム 
この方、とても司会が上手です。
W.V.の事務局長さんですが、皆を和やかなムードにさせるのが上手く、
また、ジェリーが話しそびれたエピソードも忘れず話題にしてくれたりと、
司会のツボを心得てる感じ。

ロマンスグレーの素敵なおじ様(笑)なのに、ジェリーがモンゴルに行って凍傷になったと聞いて「ええ~、とうしょう!(どうしよう)」とオヤジギャグをかましたり・・(^。^;)
会場の爆笑にキョトン!としてるジェリーがまた可愛くって。
通訳さんに説明されてるジェリーを尻目に、何事もなかったかのように飄々としてる片山さんも、また可笑しい~(≧∇≦)ъ ナイス!

VTRが流れている最中には、テーブルに用意されたペットボトルのお水を注いでくれる片山さん。(この日ジェリーは風邪をひいて、時折咳き込んでいたのです)すると、ジェリーもお返しに片山さんのコップに・・なんて微笑ましい場面も。
以下、少し省いた箇所もあるのでご容赦。   

「今までこのような活動で色んな国々を回ったことは?」「没有(ないよ)」
「メイヨウがないという意味なのが良く分かったよ」

「親善大使になってどんな事を希望しますか?」「出来るだけ多くの子供たちの笑顔を見たい」

「日本に来るのは何回目?」「イチ、ニー、サン、シー・・・ナナカイ。(日本語)」
午前には、中国語で5~6回と言ってたそうなんだけど、アレレ?
それとも忘れていたもう1回を思い出したのかな。

「日本の印象は?」「とても清潔で、優しい人が多いです」
「日本のファンの印象は?」
言葉に詰まって(?)思わず会場にマイクを向けるジェリー。「言葉を超えた心の交流が出来ると思ってる。でも、できるだけ日本語で話す努力はしているのですが・・・」
ここで、会場からうん、がんばってるよ!の拍手(^-^)//""

「台湾と日本のファンの違いってある?」
さっきの拍手を受けて、
「それは、日本語で答えなければいけないの?」とジョーク。
「ン~それぞれタイプが違って、日本はオシャレで素敵な人が多い」
「ジェリー、上手いね~!」会場からさらに拍手(笑)

他にも、親善大使になったきっかけ・・以前から困っている人たちに何かしたいとは思っていたけど具体的に何をすればよいか思いつかずいた所(チャイルドスポンサーには5年前から参加していた)、運良く親善大使のお話をもらって飛びついた、等など。



モンゴル訪問のVTR 
前方スクリーンに映し出されるが、字幕が人の頭に隠れて非常に見えづらい。
もう少し高い所にあれば良かったなぁ~。
ジェリーは子供たちの事を思い出しているのか、微笑みながらテーブルの上にある、小型のTV (?)画面を見ている。

ストリートチルドレンのシェルター「光の家」
子供たちに囲まれて、ノートにサインする姿。
歓迎のダンスを見て、一緒に踊る姿。一瞬だったけど、腰をフリフリしてて可愛かった(*^.^*)
幼稚園
ちょうどこの時期はハロウィン・・って、ええ~!モンゴルでもこんな習慣があ  
るの?W.V.がキリスト教精神に基づいているからかな。
ジェリーもカボチャのお面を頭につけ、子供たちにお菓子を配る。食べてる女の子を抱きかかえて愛しそ~に見つめ・・そんなことお構いなしに無心で食べる女の子が可愛かったなぁ。
井戸
飲み水を手押しタンクに入れて運ぶ男の子。あまりに重そうで見かねたジェリーが手を貸したそうですね(自由電子報より)。VTRでも、2人で取っ手を持ち、楽しそうに走ってる! 

病院   
おばあちゃんの傍に座り、「早くよくなってね」
支援チャイルド
ジェリーが支援する2人の子供たち。
一緒にバスケをしたり、ジェリーにぶんぶん振り回してもらって喜んでる。

最後に子供と遊びながら、「月々4500円で子供の明るい未来を○○○(見えなかった)ます、(子供たちに向かって)ガンバレよ!」というジェリーのメッセージ。
 
スポンサーサイト

07:55 | F4 | comments (0) | edit | page top↑
報告会 その2 | top | 東京ドームで応援・

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。