2008年 11月
--日(--)
28日(金)
27日(木)
19日(水)
10日(月)
02日(日)
02日(日)
02日(日)
10 | 2008/11 | 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

小田さん 東京ドーム

きっとまたいつか




またまた 急遽 コンサのお誘いがあり行ってきました。
でも今回は 一人参加 
超寂しい~。

でも 若いときから オフコースが好きな私。
(ソロになってからは あんまりアルバムも 聞いてないから 少し心配)
一度は 見たかったので、一人でも 我慢。

そして、私にとって初めてのドームコンサ。
入場にも時間がかかるかなあ?と思ったが 一時間前でも 楽々入れた。


ステージはアリーナに花道が沢山あり そこを小田さんが 本来なら 走るはずが、リハのとき足を痛めて走れず。
それでも 一生懸命 花道を歩きながら ファンに手を振ったり ファンにマイクを向けたり、歌ったりおしゃべりしたり。
その花道とスタンドの間の道を なんと自転車に乗って 一周したりのサービスもあった。
(体 大丈夫なのかなあ?)

しかし 私の席は3累側の1Fスタンド 前から35列目なので あまり見えない。
スクリーン自体も 少し見にくい。
しかも双眼鏡を忘れる始末。
でも ステージ全体が 大きいし 綺麗なので 満足。


私が曲で感激したのは、オフコースメドレー。
でも もっと聞きたかった。
特に 秋の気配など。

そして 「言葉にできない」
このときは、ピアノの弾き語り。
もう 感動。
やはり ヴァネコンを思い出すのか?
それとも 最近のスーコンを思い出したのか?
自分でも わからない位 また号泣してしまったわ。

小田さんのコンサは、3時間。
ほとんど 座ってたので楽。
スタンディングも2曲と あとはアンコールのときだけ。


しかし ドームの上の方まで びっしり 観客が入ってる。
老若男女 色々な人がいるが やはり年齢は高めかな?
男の人も多いのには びっくり。

そして なんといっても 小田さんの声である。
あの透明なハイトーンの声。
実際 本当に高い。その高さを最後まで保っているのである。
あの年齢で。 さすがプロです。
機会があったら また行きた~い。
それまでに ちゃんと 小田さんの歌を覚えなきゃ(笑)


セットリスト

今日も どこかで
春風に乱れて
愛を止めないで
伝えたいことがあるんだ
僕らの街で
思いのままに
きかせて
さよなら
たしかなこと

恋は大騒ぎ
もう歌はつくれない

メドレー
・夏の終り
~眠れぬ夜
~こころは気紛れ
~風に吹かれて
~やさしさにさようなら
~ between the word & the heart ~言葉と心~

生まれ来る子供たちのために
言葉にできない

NEXTのテーマ~僕らがいた~
YES-NO
ラブ・ストーリーは突然に
キラキラ
こころ
緑の日々
東京の空
さよならは言わない(新曲)
ダイジョウブ

・Encore
またたく星に願いを
YES-YES-YES
君住む街へ

忘れてた 思い出のように
今日も どこかで
スポンサーサイト
02:12 | おでかけ | comments (4) | edit | page top↑

フェルメール

上野に 絵の鑑賞に行ってきました。


フェルメール展

この日は 祭日だったため やはり すごい人。入場にも時間がかかる。
前売り券があったため 30分ほど 待ち ようやく入場。



↓は、子供たちに配られたパンフレット。
娘は中学生で入場無料でした。
フェルメール 子供



↓は 音声ガイド。
ペン先を この絵にあてると 音声で絵の案内をしてくれるもの。
私のように初心者には 親切で いいですよ。
ちなみに 今回のアナウンサーは 朝岡聡 (旭のファンミの司会を したよね 笑)


フェルメールガイド




フェルメールの絵は 7点。
その中で 気に入ったものは、 この 「ワイングラスを持つ娘」
このオレンジ色が 綺麗に輝いて引きつけられました。


ワイングラスを持つ娘


残念なのは、やはり 人混みをかきわけての 鑑賞なので 落ち着いてみれないこと。
そして 前に大きい人が立つと 見えない。
人気がある展示は 仕方ないのかなあ・・
13:55 | おでかけ | comments (0) | edit | page top↑

スーニュース

三国志
来年の2月 シャンテシネ 他 全国ロードショー



監督:李仁港、

Cast
劉徳華(アンディ・ラウ)・・・趙子龍(趙雲)  
洪金寶(サモ・ハン)・・・羅平安
李美(Maggie Q)・・・曹嬰(曹操の孫娘の女武将の設定) 

呉建豪(ヴァネス・ウー)・・・関興(関羽の子)

レッドクリフもまだ 未見の私。
来週には ようやく見れそう。
三国志の話しもよくわからない。
少し 本でも読んでみようかしら・・

そうそう 去年のニュースで、テレビ版  三国志を撮る話しは どうなったんでしょうね? 蔡監督?
諸葛孔明の役 (レッドクリフでは 金城さん)を仔が演じるらしい。
ぜひ 時代物にチャレンジして欲しい。
古武装姿 似合うだろうな・・



遅ればせながら16日 成田へ旭のお迎え 行ってきました。
1000人以上の数 数。
こんなお迎えは 初めての私。
でも 旭は 戻ったり 写真撮影をしたり 投げキッスをしたり 5分位は いたでしょうか?

こんな お迎えは、いいですね。
近くで見る 旭は少し痩せたかな?
でも エクボが可愛い。
台湾のカメラマンに向けての 写真撮影のときは、
すかさず アリエルをエスコートして 仲良く撮っていましたね。
ばっちり 後半は 見ることが出来ましたよ。

旭とアリエル




それに 旭迷の代わりにビデオを撮ってあげたのですが ブレもせず 上手く撮れました。
あ~そんな ものかもしれないです。
いつも 下手な私なのに・・

その旭のファンミ ようやく香港で12月 予定とか?
この暮れの忙しいときに。。
旭迷さん 大変そう。

そうそう 18日、旭を見送りに行ったはずが 空振りにあい 替わりにジョセフを見た迷友。
ジョセフも2時のトークショー(日本版 イタキスDVD発売)
の後、 5時には そこを出て空港へ向かったとか。
お忙しいそうですね。



01:08 | F4 | comments (2) | edit | page top↑

superfly

スーパー



昨夜、NHKホールで ホールツアーファイナルが行われ、行ってきました。
あるジョンフンのファンから 当日 コンサが重なった為 娘さんにどうですか?と誘われたものです。
うちの娘 二人とも好きでしたが あいにく長女は、GLAYのJIROちゃんのコンサと重なり断念。
私も好きだけど 年齢も 私が行っていいか?とも思いましたが、ライブで彼女の生歌を聞きたかったので、参加決定!

スーコンで コンサ中毒に堕ちていたので、早速 彼女の歌を覚えるため 毎日 聞く。
そして セットリストも 調べて娘に教える私。
その様子をみていた息子 曰く「お母さん そのエネルギーを 他に使ったら?」
あ~また 白い目で見られてしまったわ。

そして 当日。
ファンは20代のおしゃれな雰囲気の男女が多い。
比率は半々かな?
席は 3800席で こじんまりしているが、3階の後ろから4番目なので 顔などほとんど見えない。
スクリーンもないため、衣装の柄など わからない。
今日の めざましで 見てようやく判明するほど。

だが 今回は 顔を見に来たわけではない。
歌を聞きにきたのだ。

彼女は、身長が私と同じ150センチ位、
小さい体に どうして あんな 大きい声が出せるのか不思議なほどの歌唱力。
声質が 五輪真弓に似ていると思うのは 私だけ?(あ~年齢がバレバレ)

ノリノリの曲はもちろんだけど ピアノの弾き語りもよかった。
このときは 椅子に座って下さいと言われ 静かに 2曲ほど鑑賞。
しんみりした曲で つい 涙がこぼれる。

楽しかったのが アンコール曲 「愛と感謝」 皆さん一緒に歌いましょう。
と ちびっ子と母親の親子 20組が ステージに上がって 和やかな雰囲気になった。
あ~ 娘がもう少し 小さかったら ステージに行けたのに。残念。

終了後 親子連れがいたので 声をかけてどうだったか聞いてみた。
superfly 志帆ちゃん 顔も小さいので、そんなに小さく感じなかった。すごく可愛かったそうです。
握手もしたし その女の子は 今日がコンサートデビューだったようで いい記念になって よかったね。

しかし コンサは、タオルを振ったり、スーコンと違い ペンライトを振らず 拍手しまくりで 手が痛かったけど 楽しかった。
全身から あふれ出す歌を聞いて また行きたいし、コンサ 一回だけでは物足りないと思うようになった私。
 スーコンで コンサの良さを感じた私。
でも 正直 やはり 歌唱力では 全然負けているけど ステージの作りや 楽しさは やはり 違う。
近くで触れ合うことが できて 4人のじゃれ合い は やっぱり最高だと ますます 実感した一日でした。



17:46 | おでかけ | comments (0) | edit | page top↑

大阪 探訪

スーコンだけでは、もったいないので、18日 コンサ前に大阪の町をふらふらと。
その前に 今回 デジカメで撮った写真 すべて消えてしまいました。
ガーン ショック。
いえいえ 今まで入っていた デジカメの中の写真が すべて・・ない。
まあ 一応 PCには 取り込んでいますけど、大阪のが 入らなくて。

なので 今回は、携帯で撮った少ない写真だけです。
まず朝から出かけたのは、 ホテルの近くの大阪城。
修学旅行生 外国人 主に中国人が多かった。
なので パンフも 韓国語 簡体字 繁体字など 用意していて親切。

大坂城




中が博物館のようになっていて見学できる。

展望台からの見晴らしは最高。
城ホール ホテルもばっちり 見える。

その後 道頓堀へ。
大阪の街の印象は 商店街が多く 賑やか。
そして香港のような 大きな看板が多い。
グリコのネオングリコ


かに道楽 カールおじさんなど 
 
また ひっかけ橋で有名な 戎橋。
しかし ここは 私の想像とは違っていた。

なんでも去年 立て替えたそうだ。

その橋の下も綺麗に整備されていた。

とんぼりリバーウォーク


うちの娘なら行きたいだろう なんば花月。
この近くのベース吉本 広場
今 公開中の「ホームレス中学生」で実際使われていた まきふんが展示していた。
まきふん





また、大阪は食い倒れの町
お昼に食べたのは うどん。
賑やかな商店街の中にある 老舗のお店 今井
うどん 今井

日替わり膳というものを注文 
この懐石風な おかずが 一品一品 ダシがきいていておいしい。
もちろん うどんも 
特に 薄味の関西風のだし。 きつねのアゲも しっかり味がふくまれていておいしい。
最後の日もホテル内にある支店でも食べました。

そして たこ焼き
なんば花月の近くの人気のお店。
明石焼き ドロソースのたこ焼き など
ダシで食べたり 辛い味だったり 美味しいし面白い。
他にも色々な種類のたこ焼きがあるみたいで さすが 大阪やわ~。



今回 泊まったホテルは 会場の目と鼻の先。

やはり 近いのは なにかと便利。
入場30分前から いつも行けたし、
最終日もチェックアウト後 荷物を預けてもらえて 帰りも助かったし。
そういえば ここを利用したスー迷が 多かった。
チェックアウトの長い列 ほとんどスー迷っぽかった。

そして コンサのバンドマン ダンサーなども ここを利用していました。
あの金髪じゃ 目立つわ。

高級なので 無理だと思っていたが(なるべく お金を使いたくない私)
早い段階で 新幹線ホテルパックを申し込めて ラッキー
本当に 今回 一緒に同行してくれた Eさん ありがとう。

初めての大阪の町も 連れて行ってくれたし。
感謝 感謝です。
20:53 | おでかけ | comments (4) | edit | page top↑

大阪 オーラス

とうとう、この日がきてしまった。
席は南東スタンド 7列
初めて 南側から見れたのだが やはり前日に比べると遠い。
近くには 海外からの仔迷マダム御一行様が ずらりと座っていらっしゃった。
仔のときだけ おもむろに立ち上がり静かに うちわを 振っていました。
と なんとなくその一団が 気になる私。

この日のコンサでは、旭は遊園地もどき で兎からライオンのぬいぐるみを被っていた。
個人的には ウサギの方が可愛かったなあ。
「瞳をとじて」 この日 一番涙が止まらない位 泣いてしまった曲。
なぜなんだか 自分でもわからない。
たぶん 2番の歌詞
「いつかは君のこと なにも感じなくなるのかな」
にグッときてしまったのかも。
いつかは私も スーのファンを離れる日が くるのを恐れているのかも?

ゲームもどきのとき tetsuさんの 格好で途中から変装したのはヴァネだった。
最後には 着ていた衣装をファンに投げていた。
この日の招待席にいたのは マースやホスピタルの監督 蔡監督。
紹介されたとき 恥かしそうに立ち上がっていた。


この日 なんといっても面白かったのが グダグダウェーブ いえ ラブラブウェイブ
今日は、今まで一番の出来?
2人の掛け合いも漫才のようで楽しい。
でも 何を言ってるか わからないけど二人が楽しい笑顔が見れればいいんだ。
一、二のニ ダメだよ  可愛い社長さん 

ある人の話しだと どうやら中華圏の遊びで大根しゃがむという ゲームのことで 笑っていたという話。
う~ん 今度 中国語の先生に聞いてみよう

最後の挨拶
いつもなら 日本語で挨拶する旭。
この日は、前にヴァネが 3人に対してありがとうと 感謝のコメントを言っていたので
旭も 変えたのかな?中国語で話していた。
3人の兄弟に感謝しているって。

でも 孝天のメッセージが心に響く(中国語です)
「今日が最後になりました。
今日が過ぎると僕らF4はいつになったら又集まれるのかは分かりません。
この場で三人を祝福したいと思います、自分の歩いていく道で最良の風景を見つけられるようにと。
今度会えたときには皆それぞれが確かな自分の世界をもっていると信じています。





最後だから ファンら 一生懸命 「エフスー」と叫ぶ。
しかし彼等は、 再アンコールには 答えてはくれなかった。
無情に流れる 女性アナウンスの声「これ以上のアンコールはありません」
って 日本語だから 余計辛く心に 響く。

また 2006年の香港最終日を思い出した。
この日も 彼等は 現われなかった。
このときは 中国語でのアナウンスだったので それほどきつく感じなかったが。
でも 当時の私としては ショックだった。
今後も 再アンコールには 答えてくれなさそうだね。残念。



でも、4人は 本当に 最高でした。
いまだに 私は 彼らの歌しか 聞けません。
そして 19日 帰宅してからのサプライズプレゼント
それは ある迷からのもの。

彼女はお子さんが 小さいため 大阪へは行けませんでした。
その代わり コンサの曲順に入れてくれた CD.

私なんて 全公演行けた。
皆だって 行きたいに決まっている。
色々な事情で 一度も行けない人もいたはずだ。
思いをかみしめながら 毎日 聞いています。
ありがとうございました。



16:38 | F4 | comments (0) | edit | page top↑

大阪18日

大阪2日目 この日は、なんと北側スタンド最前列。
花道には遠いかな?なんて思っていたら この間よりは少し遠いが、でもでも近い。
なにより一番前は いい。



ペンライトを振るのだが 汗でつい下のアリーナに落ちそうな気がした。
しかし この公式ペンライト 隣にいる旭迷のペンライトの頭の部分が 取れてしまったんですけど・・
高かったのに。
(この コンサ用グッズは もう販売されないそうです。)


そして、通路にいる係員のお兄ちゃんがいなければ もう少し 花道に近づけるのに。
などと いけない事も考えてしまう私。
しかし やはりここは日本だよね。
皆 行儀よく自分の席で見ているんだもん。(笑)


この日は、だいぶ ファンもスーも慣れてきて いい感じに盛り上がりました。
ask for more のときは、また金ピカスーツに早着替え。

仔の汗がこの日も 凄いので、汗を拭いたハンカチを孝天が ファンに投げていた。

絶不能~のとき 花道に来て 4人でなにやらポーズ。
よおく見ると アリーナにカメラマンがいた模様。
この歌のあと 会場内が暗くなるのだが、そのとき旭は仔に後ろから抱きつき
肩を組み 流星雨へ と続く所が 私のツボ。
流星雨のとき 仔がこちら側へ来て ファンを盛り上げる。
一体感を感じた 楽しいひととき。

今回のコンサで仔は自信を持ったと思う。
特に4人のときは、なにより こうしてファンを盛り上げよう 盛り上げようと いう姿勢が現われていた。
最後の方では、花道で おじぎをしていた姿にも心を打たれた。

YTを見ていると モザイクやら絶不能~で 応援している自分が映っていた。


こうして近くで見ることも もうないんだなあと思いながら
whenever~で花道にきたとき、ライトを浴びて ますます神々しく綺麗に見えた仔の姿が忘れられない。






15:29 | F4 | comments (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。