カテゴリ:台湾旅行(2006年1月)
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

台湾旅行 帰途で・

2泊3日の短い旅行でした。特に昨日は、びっしりだけど、とても良い思い出が沢山できて、満足満足。

台湾の人は、皆、親切で面白かった。
菁桐の帰りの電車でも、60代のオジサンが日本語を話したいのか、声かけてくるし
乗り換えのホームで券の購入の仕方がわからなくて、困っていると、係り員のおばさんが、買ってくれるし。
この電車は、本当にのどか。下校の学生は、皆、ジャージ姿だし。

また、ホテルでは朝食付きなので、他のツアーの人との話も面白かった。
(私たちは、2人だけのフリープラン)
その定年後のオジサンたちは、海外へもう50回位でかけているとか。
美術館巡りが趣味なので、色々でかけているとか。
羨ましい。

あっ、そうそう写真をUPするのを忘れていました。
隣のコンビ二で購入したジェリーの歯ブラシとチーリンさんのヨーグルト。このヨーグルト、美味しかったよ。

20070124014454.jpg

20070124014256.jpg





そして、楽しい台湾を離れ、飛行機に乗り込むと、搭乗の入り口が違う。
あれっと席が広いなあと思ったら、なんとビジネスクラスでは、ありませんか。
チケットを確認したら、間違いない。
帰りの現地ガイドさんが、気を利かして変更してくれたらしい。
(よかったあ。ガイドさんと仲良くして、おいて)

一人一人にTV付き、席もゆったり、食事がなんといっても豪華。
ステーキにして、ワインも、すごく美味しい。
こんな事ってあるの?もう二人で笑いが止まらない。
夢を見ているみたい。

しかし、現実は、これから、悪夢へ変わるのでした。








続きを読む
スポンサーサイト
22:30 | 台湾旅行(2006年1月) | comments (6) | edit | page top↑

台湾旅行2日目 その6 

夕食後、次は世界一高いタワー「台北101」展望台まで508m 37秒。早い。あっという間。
前日は、霧で見れなかったらしいが、今日は、ラッキーなことに夜景がみれてうっとり♪
六本木ヒルズより綺麗なのは、暗い部分が多いから余計光が映えるのかも。この中に入っている店はブランド店など日本と変わらない。

20070124011947.jpg


そして1階でお店を見ていたら、なんとジェリーの看板が。
えっ?何だろうと近づくと「MIA」アクセサリーのお店。
そういえば今朝のTVで紹介していたなあ。
さっそく店員さんに許可をもらい、はい、ぱちり。

20070124014524.jpg




そして近くのNYNYへ。ここは、流星花園ラストシーン。司とつくしがマックを持ってついにつくしが好きだと言った場所など。
マックの隣がミスタードーナツでやはり混んでいましたね。この界隈はやはり最新スポットという感じで綺麗だし若い人が多いです





もう9時すぎで疲れたので、ホテルの近くの足裏マッサージ店「SINSIN健康足療」へ。
(台北ナビのクーポン券で10%引きを利用)

20070125111631.jpg







実は、私は初めてで足裏が少し痛かったのですが、痛い場所が私の悪い場所、扁桃腺、腰など当たっていました。
片足が終わると、すごい!足が軽い。

お店の人が日本語が上手で21回も日本に行っているとか。
台湾の若者もバイバイを短くして「バイ」と言うとか。つい話が面白いので、足の角質取り、首、肩もお願いしてしまいました。(商売上手)
また、肩など、横になってマッサージを受けているとき、従業員同士で、しゃべる。しゃべる。(そんなに話すことが、あるの?と言いたい。中華圏の人は、おしゃべり好きだよね)

でも、中国語だから、何を言っているか、わからないし、低い声で、だらだらに聞こえるので、まるでBGMを聞いているようで、心地よかった。
ホテルに帰ると、もう疲れは取れぐっすり眠れました。






11:20 | 台湾旅行(2006年1月) | comments (0) | edit | page top↑

台湾旅行2日目 その5 台北へ

平渓線から台北へ戻る。

MRT切符、一日券のことで、わからなくて、困っていたら、次々と地元の人が寄ってくる。
しかし言葉が通じず困っていたら、若い女の人が、「日本語ができますからお手伝いしましょうか?」と手助けをしてくれた。
きゃあ~助かりました。謝謝!


「芝山」駅へ。
ここには「天母運動公園」があります。

司がつくしを電話で呼んだ場所。
看板がはずれているんですが・・(笑)
20070123180057.jpg



流星で類・つくし・和也君らが3ON3の練習をした場所。
バスケットゴールが沢山あります。
郊外の広々とした公園で、綺麗です。

20070123180241.jpg


次は「 圓山大飯店(グランドホテル)」
ここは、高級ホテルで、ヨン様がお泊りになったとか。
Wさんのリクエストです。
一階のロビーは、豪華絢爛のインテリア。中国宮殿式のあでやかな朱塗りの大きな柱、メインロビーの広さと高さ.
お茶でも飲もうかとも思ったが気後れして断念。
スイートルームにお泊りになった有名人の写真など眺める。

20070123180403.jpg





あたりが暗くなり通称ペンダント公園「中山美術公園」へ。
20070123180321.jpg




この公演は、カップルがいて、私達がここにいていいのか?少し恥ずかしい。
いや、気になどしてられない。おばちゃんパワーで、写真を撮る撮る。しかし、暗いので失敗。
恋人達の名前の落書きが沢山ありました。
そして、ここには、もう水は張っていません。でも類があそこで拾ったのよね~と想像する。



夕食は小籠包で有名な(鼎泰豊)「ディンタイフォン」

20070122115334.jpg



人気店で、いつも列ができているお店らしいですが、小雨が降り、6時前なのですんなりと入れ4階に通されました。
ここのウェイトレスは、短いスカートで足がすらりと長い。
でも注文もてきぱきと、そして熱々を持ってきてくれます。
厨房で作っているコックさんも運んでいました。


そして、小籠包の食べ方は、しょうゆと細く刻んだしょうがとお好みで酢をたらしたチリレンゲの上に熱々の小包籠を乗せて食べます。熱いスープが口の中に広がります

他には、チャーハンと台湾ビールを注文。ビールもあまり苦味がなく飲みやすい。満足満足。
帰りは店の前には行列が・さすが人気店です。










01:00 | 台湾旅行(2006年1月) | comments (0) | edit | page top↑

台湾旅行1日目 士林夜市

雨が降り出したのでタクシーで「士林夜市」へ。
タクシー、台湾は黄色。とにかく台数が多いし安いので便利。
ドアは手動、また、言葉が通じなくても、行き先を紙に書いて渡すと目的地まで、案内してくれます。
このときのタクシーのおじさんは、日本語がうまい。両親が日本語を話せるので、彼も覚えたとか。BGMは「北の宿から」など日本の演歌。
別のタクシーに乗っても、日本語が話せない運転手も、ほとんどの車のBGMは、演歌が流れていました。
やはり、親日家で日本からの観光客が多いからかな?

まず、「明星工場」へ



20070119234245.jpg



ここは、アイドルグッズのお店。洋服店の2階にあるのでわかりづらい。(今は、同じ士林夜市だが、別の場所に移転したらしい。)
店内は、F4のグッズが沢山。ジェリーのアルバムの曲が流れています。
購入グッズは、仔とジェリーのペプシボトル、MARS小説本、広州での仔写真集、など・


次のお店は、S&Kへ。
2階の階段の踊り場にJERRYの大きいポスターが。


20070119235722.jpg


しかし、この夜市。若者で賑わっています。
驚いたのが、子供も結構います。明日は、学校があるよね?
洋服も激安。
食べ物は、有名な臭豆腐。いやあ臭いがきついので、とても買う気にはなれません。
行ってみたいかき氷やさんが捜せず、胡椒餅を買う。
雨がパラパラ降り出したり、しても、すぐ移動できるような出店も沢山ありました。

活気のある夜市をぶらぶらしてホテルへ戻ったのが12時。
こんな時間まで、遊べて台湾は、楽しい。







02:02 | 台湾旅行(2006年1月) | comments (2) | edit | page top↑

台湾旅行

思い起こせば丁度一年前、台湾旅行したんだなあ・シミジミ。
と、いうことで、その旅のレポです。

2006年1月19日~21日、2泊3日の旅。
一緒の旅行のお供は、ヨン様ファンのWさん。


今、行きたいときに行かなきゃ後悔するとか、年を取って歩けなくなったら、お金があったとしても海外は、行けないんだよ。
などなど、彼女に洗脳され、思い切って決意した私。
でも、初海外の二人。う~ん、韓国が先か?
でも、そのツアーは、よくあるし。それに冬は、すごく寒いというので、暖かい台湾へ。(ごめんね。Wさん)


そして問題は、家族。
主人は、自分では、出張で何度も海外へ行き、特にお薦めは、ナイアガラの滝とか。
台湾も8年前は、よく訪れていた。(今は、仕事も変わり、でかけることはない)
なのに私は、日本から出ていないから、可哀相だと(そうよ、そうよ、新婚旅行だって、家の頭金に消えて国内になったし・・気づけば子育てで身動きできなかったし・

出かけて来なさい。海外へ行くと物の見方が変わるから。
と、よくわからないけど、応援されて、とにかく旅立つ私。

この旅は、基本的にフリープランなので、流星花園と山田太郎ものがたりのロケ地巡りを主に考えました。
参考にしたのは、こちらのサイト
本当にお世話になりました。特にここでも太郎の家の田舎がお薦めということで、何がなんでも、行こうと決めた私でした。

1月19日。成田15:25発 
たった3時間のフライトなのに機内食も出るなんて、感激な二人旅の始まり。
台北着18時過ぎ。
やはり台湾は、暖かい。そして道路は、霧がかかっているけど、走っている車がBMWなど外車が多いのにはびっくり!
街の飾りも旧正月が近いため、赤など煌いて綺麗です。
ホテルの前もこんなに大きなツリーに飾りが一杯。

20070119020125.jpg


このホテルは、日本語が通じて安心。
そして、このポーターが誰かに似ている。
そうだ!お笑いの「宮迫」
彼は、よく言われるそうです。
そのため、ネームを見ると「宮迫」
はい、いいんでしょうか?
ゆるゆるな台湾の感じで、いいねえ。

夕食は、タクシーで「好記担仔麺」へ。
このお店に仔が訪れたというので、決めた私。
ここは、屋台風で、なんといっても料理の注文が本物のサンプルを見て決めます。

しかし混んでいて私達の席は、店先で通路になっている場所。
まあ、いいっか。
料理は、名物の「担仔麺」と「山菜炒め」
麺の方は、小ぶりで、魚のダシが効いています。
そして、勘定の為レジへ。
ここに仔とオーナーが並んでいる写真がありました。

追加情報
Silenceの17話。工場のトラブルの打ち上げで従業員とお酒を飲んだお店がここでしたよ。

20070119022603.jpg





20070119225551.jpg




20070119225628.jpg


10:58 | 台湾旅行(2006年1月) | comments (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。